イケメン戦国 謙信 感想#1-5

イケメン戦国 謙信様の感想
1~5話まで♪

他の武将たちでは、
みなさんの
Twitterでの感想をピックアップ
していたのですが、、

謙信様は、わたしの独断と
偏見で、感想を
だらだら~~っと
書いていきます…
(そのうち、他メンバーもぼちぼち感想していきます♪)

プレスト&城がちゃも全コンプ
していますので、
ネタバレしたくない方は、
読まない方が良いです~(^^ )

ただいま注目中!!

【注目中】【あやかし恋廻り】
ボルテージさんの最新作!
【事前登録】でみめん
デミヒューマンなイケメン?12/12リリース予定!
【注目中】【鏡の中のプリンセス】
ゼル続編配信中!
⇒おすすめ恋愛ゲーム【各ゲームごとの紹介】
⇒おすすめ恋愛ゲーム紹介一覧【まとめ】

 

「スポンサーリンク」

イケメン戦国 謙信 感想 #1

次のタイムスリップまで
安土城で過ごすことになった
主人公。

三ヶ月を乗り切るためにも
なんとか皆と打ち解けたい…
と思うも、なかなか馴染めず…。

そんな中、三成くんは
第1話から、とても優しく
ほっとする存在でしたよ~♪
^^

城下にある食事処に入った
主人公は、理不尽で暴力的な
な浪人たちから
お店の主人を助け、
たくましく(?)口答えして
しまいます…!

そこに現れたのは…
(もちろん)謙信様!

彼のちょっと行き過ぎな
くらいの対応と、
冷酷さに周りの雰囲気が
ピリッとなったような感じが
しました…

 
でも、何故か全然怖さは
なくて、むしろ
正当性が心地よかった♪

 
お礼を言おうとした主人公にも
華麗にスルー!
こういう細かい描写も
良いですねー☆

女性が眼中にないような…
あえて遠ざけているような…?
感じがしましたよ(‘-‘*)

 

【#1後半 あらすじ】
戦いの中でしか生を実感できない
という謙信様の生き方が
危うく思えて……
「戦以外に、楽しいことは
たくさんあると思います」
謙信「お前は何を言っている」
わかり合えないまま別れる
ふたり。
数日後、安土城下で食事処を
荒らしていた浪人たちと
再会してしまい―…!?

浪人に絡まれる主人公を
たまたま助けることになった
謙信様。

浪人たちを
見逃してしまったが故、
また主人公を巻き込んでしまった
という、負い目もあり…
2度彼女を救うことになります。

浪人たちを相手にする彼は、
圧倒的な強さでした!

 
「あなたにも、亡くしたら
哀しいと思う人がいるんじゃ
ないですか?」

「――俺にそんな者はいない」

 
孤独と切なさが入り混じった
瞳に、心が絞めつけられ
ますね~><

早くも、謙信様の魅力が爆発
している1話でした…。

 
座り込んでいる主人公に
さりげなく、手をかして
くれたり、
一緒に歩く速度を
緩めてくれたりする

とても、さりげな~く
してくれる行動、
彼の優しさも見られますよー

 
飄々として、
どこかとぼけた感じの
佐助くんも、
相変わらずで良かったです♪^^

☆スチル
「月は刃を研ぎ澄ます」
↑スチル…格好いい。。構図も素敵♪

 

イケメン戦国 謙信 感想 #2

【#2前半 あらすじ】
謙信「……お前と話していると、
調子が狂う」
不意に謙信様がみせた笑顔に、
どうしようもなく心が震えて…
(こんなに純粋な笑い方を
する人がったんだ)
少しだけ打ち解けた
ふたりの目に、儚い蛍の光が
映り込み……?

*2周目以降、第2話:彼目線あり

脅しのつもりで向けた刀も、
彼女には、あまり通用せず;

根本的に考え方が違うという
ことに気づき、

ちょっと戸惑う、彼の心情も
良かったです^^

 
そして、責任感の強さと、
彼の真面目な部分、

出てくる言葉の数々が、
理路整然としていて
頭の良さも感じられましたよ♪

 
深入りしないように、
心の中で、自分を律する姿も
彼目線を読むと、
心情がわかるので、
2周目はぜひ、彼目線で!(‘-‘*)

 
謙信様の過去にとって
重要な
『伊勢姫』
の名が、早々に登場
していましたね♪

 
そして、早くも、お互いが
惹かれ始める様子と、

本人自覚無しの
彼の嫉妬っぷりも
ちょっぴり出てきますよ…
(*´∪`*)☆

 
2話で、
初めて主人公の名前を
無意識に呼んだ時の、
シチュエーションも
良かったです(*’-‘)フフ♪
(お決まりといえば、お決まりだけど…やっぱりキュンと来ます…)

彼と一緒に見た
儚げな光を放つ幻想的な蛍も
素敵でした☆

 

【#2後半 あらすじ】
秀吉「本能寺で御館様を助けてくれて、ありがとな」
謙信様の言葉を受け手、自分らしく振る舞うことで織田軍の面々と打ち解けることになる。
謙信「何だ。また、お前か」
城下で再会した謙信様に、
お礼を兼ねてご飯をごちそう
したいと話すけれど……?

最初は、なかなか
打ち解けられずにいた、
織田軍の面々とも
謙信様のアドバイスのおかげで
少し距離が縮まります。

 
(謙信様が言ってくれたみたいに
乱世だからこそ自由に生きよう)

主人公らしく、振る舞うことで
居場所もできてきましたよ^^

 
城下で再び謙信様と出会った
主人公。

「次から歩くたびに
狼煙でもあげて存在を
知らせておけ」

↑謙信様は、たびたび
こういうことを真顔で
言うところも好きですw

 
そして、主人公は
「幻の地酒」ネタに
謙信様を誘い出すことに成功
しましたよ~♪

 
☆プレミア ストーリー「不思議な熱」

頬にかかる髪を払いのけられ、
触れられる。
彼の瞳にくすぶり始めた熱が
身体中に回って……
「今日の酒は、やけに回る」
濡れた唇に胸がさわめき―――
この酔いはまだ、覚めない。

「幻の地酒」を求めて
訪れたのは一軒の茶屋。

2人でゆっくりとお酒嗜む
素敵な時間が流れ…

遅くなる前に、帰らないと
いけないけれど、
燃えるような空を見上げながら
わけもなく寂しくなりました。

 
「その純粋さが――
いつかお前の身を滅ぼすかも
しれんな」

 
ゆるやかに伸ばされた彼の手に、
鼓動がうるさく高鳴って…?

お互いの気持ちが、
無意識のうちに、早くも
少しずつ変化していっている
ような…

 
穏やかな、とっても
良い雰囲気のひとときを
過ごせましたよ~(*´∀`*)

 

イケメン戦国 謙信 感想 #3

【#3前半 あらすじ】
三成「軍術の天才、上杉謙信に
後れを取らないようにたくさん
学ばなくては」
三成くんが何気なく口にした
名前に、ドキリと鼓動がはねる。
一見、穏やかな日常の間にも、
戦火は静かにくすぶり
始めていて……
信長「上杉謙信と戦をする」

織田軍の世話になっている
ということを謙信様に
隠しているのが、だんだんと
辛くなってきます。

 
ほんとうは、もっと彼のことが
知りたいし、距離を縮めたい…

主人公の気持ちが、
とても良くわかります…(^_^;

 
さりげなく、しっかり
送ってくれるところや、

戦火になるかもしれない
安土にいることを
心配する謙信様の優しさが
身に沁みました~~(*´∀`*)

 
「息災でいろ」
  ↑
彼のこういうセリフも
好きです…♥

 
安土城では、
光秀さんの意地悪さも、
ちょっぴり見え隠れしましたよ♪
(≧∀≦)

三成くんの、
絶望的な不器用っぷりも登場!w

 

【#3後半 あらすじ】
(ついに、始まるんだ。
織田軍と武田・上杉軍の戦が)
信長様の命により、
戦に同行することが決まり……
謙信「死の淵に立たされて尚、
この命は対戦のために蘇った」
戦場で見る謙信様の姿を
恐ろしく感じる。
そんな中、落馬して戦場の
真っただ中に取り残されて
しまい―…!?

とうとう開戦の火蓋が
切られ、何故か主人公も
同行することに……
(いつも思うのですが、どうして姫を戦場の真っ只中に連れて行くのか不思議;;…足手まといにしかならんのでは…w(^_^;)

先頭で指揮を自ら執る
謙信様は、部下たちを鼓舞し、
まさにカリスマの軍神でした。

 
姫の傍らにいた三成くんの
戦術と頭脳も、なかなか聡く
素早い指示が、素敵ですよ~☆

 
落馬した彼女に、
手を差し伸べた謙信様……。

 
だけど、いつもと違う
戦闘狂の姿を、とっさに怖いと
感じてしまい躊躇しますが、、

 
彼の優しい眼差しと、
仕草や行動は…
紳士的で高貴さ満載です~~;

 
馬の後ろに乗せてもらい、
しっかりと背中にしがみつくと
安心感が訪れますー!
(力を込めて、全力でしがみつきたい~!w)

 
そんな中、
伝令から、信長様とかちあった隊
が被害を受けたという報告が…

 
仲間を庇い、燃え盛る支城に
ひとり残った佐助は、
おそらく、もう……(゚ロ゚)

という伝令に、

謙信様は、激昂します…。

 

イケメン戦国 謙信 感想 #4

【#4前半 あらすじ】
謙信「果たして奴らを
何人殺せば、佐助の命の贖に
なるか」
佐助戦死の報せを受けて、
ほの暗い闇の中に身を投じる
謙信を引き止める。
(この人を……
私は放っておけない)
心細さを埋めるように、互いの
手を強く握りあって―…?

恐ろしいほどの激情が宿る瞳。

 
いつも何事にも冷めている姿とも
戦の時の暗い愉悦に満ちた姿とも
違う、

彼の触れたら火傷しそうなほどの
むき出しの感情…。

 
爪が食い込むほど握った拳
からは血が滴り落ち…

だけれど、それは、
ほんの一瞬のできごとでした。

 
うって変わって、
光が失った硝子玉のような瞳。

虚無という言葉がぴったりな
どこか壊れている彼に
どうしても放っておく
ことができない…
↑うん、、放っておけない、この気持ち、よ~くわかります…><

 
「謙信様が泣かないから、
私が代わりに泣いてあげて
いるんです」

 
この4話は、
彼が、どれほど佐助のことを
思っていたのかが、
痛いほどわかるシーンでした。
前半の中では、
4~5話にかけてが、
かなり盛り上がる
ところでもあると思うので、
ぜひ、じっくり
堪能してください!

 
彼の危うさと
孤独さが混じったような、
なんとも言えない切なさが
伝わってくる場面に…
ギュッとなります…(・_・、)

惹きつけられますね~!

細かい部分ですが、、彼の手を握った時についてしまった血を、懐から取り出した清潔な手拭いで、丁寧に拭き取ってくれる仕草にも…キュンでした~( ̄。 ̄;)

ちょっとだけ謙信様との
距離が近づいたような
シチュエーションの中、、

現れたのは……?

 

【#4後半 あらすじ】
佐助の報告で、信長暗殺を
企てた人物が顕如だと知る。
顕如の敵襲に備え、戦略的撤退
を決断をする織田軍。
謙信「顕如め……。
愉しい戦を邪魔しおって」
一方、信長たちは彼女が
謙信とともにいるという情報を
得て……?!

 
「斬る」

 
言葉と同時に抜刀…(^_^;

 
ひょっこり、現れた佐助に
容赦ない言葉と対応をしてくる
彼の行動は、
愛情がこもって見えましたよ~

 
「お前が俺の命もなく、
勝手に死ぬからだ」

↑なんか、可愛いです…;

 
これでも、きっと
佐助君が生きていたことが
すご~~く
嬉しかったんでしょうね~^^

深い深い愛を感じました。
(*’-‘)フフ♪

それと…
謙信様の傍に、
佐助君がいてくれて
良かったです…(^-^*)

 
そして、
佐助君と主人公が親しげに
会話している様子に、
ちょっぴり嫉妬する場面も…

 
謙信様って
そういう想いや、
彼女に助けられた感謝の
気持ちを包み隠さず
はっきり
言葉にしてくれるんですよね~
う~ん、、惚れる…(つω`*)

 
☆城がちゃプレミア「消えた雑音」

4話の佐助がやられた…?
という報告後のシーンの
彼目線ストーリーです。

このストーリーは、
ぜひぜひガチャで
GETしてください♪

 
激昂→冷静
になった時の彼の気持ちが
良くわかる場面です(‘-‘*)

 
(佐助は死んだ。俺のせいだ)

 
謙信様は、あの時、
こんなことを考えていたんだ~?
とわかって…

切なくて、哀しくて…
キュンとなりました(・_・、)

 
(何だこの感情は)

 
身の内側に
湧きおこった感情に戸惑って
いる彼と、

真っ直ぐな想いも
見ることができました。

 
(――この女に触れたい)

罪悪感と優越。
ほんとうに紙一重な
人でした。

そして、異常なくらいの
責任感の強さは……

ちょっぴり
お茶目でしたよ^^

 

イケメン戦国 謙信 感想 #5

【#5前半 あらすじ】
謙信「……もし越後に来ると
言うなら、住まいの世話を
してやっても構わない」
謙信様に隠し事をしたまま、
一緒にいくことは出来ないと
断るけれど……
謙信「馬鹿な……
退却しているはずの織田軍が
なぜ向かってくる」
助けに来た三成くんの発言で、
織田軍の世話役であることが
謙信様に知られてしまい―…!?

*2周目以降、第5話:彼目線あり

佐助君と謙信様のやりとりが
笑えました~^^
佐助君、飄々としながら、
けっこう謙信様にぶっ込んでくる
とことが、ほんとに…
いい味出してる!!

 
彼女と離れることに、
寂しさを感じ始める彼…。

戦火から、遠ざけたいという
気持ちも真っ直ぐですね~

 
『越後に…』

 
というセリフが出た時は、
もう、心を鷲づかみに
されましたね~~w

 
彼女は、即決、断ってしまい
ましたが…(^_^;
(なんて、勿体ないことを!いや~~わたしなら、嬉しくて、舞い上がって「はい!」って言ってしまうかも~w)

そして、
不機嫌になる彼も、可愛い…;

*
三成くん、登場です~!

(ああ、そうか)
(やはりこの男を殺そう)

 
彼目線ならではの、
彼の心の中で渦巻く気持ち。
極端すぎるほど、偏っている
けれど、この危うさが
なんとも言えない…です!

彼女を渡して欲しいという
三成の言葉に…

 
「――断る」

 
はっきり言い切る、彼が…

超~潔よくて!

萌え度、半端ないですーー!w

 
三成くんとの、戦闘シーンも
良いですよ~~!

三成くんも、格好いい!ウン。
(*^ー゚)♪

 
『姫鶴一文字はお前の
思考より速く走るぞ』

 
名言でました☆

何、このセリフ~~!?
格好良すぎるでしょー!
って思っちゃいました(^_^;

 
「軍神、上杉謙信――
どうぞ討ち死にのお覚悟を」

「死に急ぐか、よかろう」

 
この辺の、セリフの応酬合戦
もぜひぜひ、じっくり堪能
してください~~!!

 

【#5後半 あらすじ】
謙信「俺は、最初からあの女に
咎があることを願っていた
のかもしれん」
牢の中に閉じ込めておきながら、
部下を通じて手厚い扱いを
する謙信。
「……もう一度、
謙信様とお話できないかな」
願いを聞いた幸村と佐助は、
どうにかして謙信を牢に
連れて来ようと頭を
悩ますけれど……?

このあたりから、
謙信様の間違った方向への
病み度具合が見えてきます~

 
「謙信様も本当はわかってる
んじゃないですか?
彼女が真実を言えなかった理由」

 
頭の良い謙信様は、きっと
わかっていたでしょうね~

それでも、自分の元に
閉じ込めておかずにいられない…

 
「――閉じ込めておくに足る、
理由があればいいと」

歪んだ愛の片鱗が見えました。

 
牢で、佐助君と幸村の
楽しそうな軽快なやり取りや
仲の良さも、しっかり
見せつけられましたよ~w
牢の外へ出ても、それは続いて
いましたね…(^_^;

*

謙信様のストーリーは、
最初の方から、けっこう
読み応えがあり、
進み方も早いです!

謙信様から紡ぎ出される言葉や
心のセリフは…

とても綺麗な言葉遣いで、
聞いていて、
心地よさがあります。

内容は、けっこう
鋭く怖ろしいことを
言っててたりも
するんですけどね(^_^;

 
仕草も威厳さと優雅さが
漂っていているような
感じがして…素敵…!
(って、序盤から、こんなにベタ褒めしちゃっていいんでしょうか…(^^ゞ)

 

LINE@キーワード
・謙信
・上杉謙信
・ヤンデレ
・軍神
・おやすみ
*トーク画面で打ってね♪

 
山田シロさんの素敵なイラスト…!!

 
謙信様攻略ルートはこちら↓
イケメン戦国 謙信 攻略~共通ルート
イケメン戦国 謙信 攻略『情熱の恋ルート』
イケメン戦国 謙信 攻略『幸福な恋ルート』

 
↓よろしければ応援ポチお願いします(^-^*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す