イケメン戦国 猿飛佐助ストーリー紹介

イケメン戦国~時をかける恋
猿飛佐助ストーリー(あらすじ)
紹介♪

「心配いらない。
戦国ライフも、
慣れると楽しい」

ただいまmomoが注目中の☆恋ゲーアプリ♪

【注目中】【イケメン革命】
オリヴァー今冬本編配信予定!
【注目中】【天下統一恋の乱】
石田三成続編配信!織田信長 天下統一編ボイス追加!
⇒おすすめ恋愛ゲームアプリ【タイプ別】
⇒おすすめ恋愛ゲーム紹介一覧【まとめ】

イケメン戦国 佐助ストーリー(あらすじ)

常に命の危険にさらされる
乱世で、あなたに希望の
光を与え続けてくれた人――

無表情だけどロマンティスト
な敵国の忍者・佐助は、
たったひとりの、
現代人仲間だった。

 
「困ってるみたいだったけど、
どうかした?」

「実は、裁縫の道具と
生地を買うために市場に
行こうと思ってたんだけど、
どこに何があるのか
わからなくて、
困ってたの」

「それなら、俺が
案内しよう」

 
安土城下で再会して以来、
くじけそうな時も、
不安な夜も、
必ず手を差し伸べてくれる
佐助……

瞳の奥に滲む優しさに
何度も救われ、
暖かな言葉にときめきを
感じた。

 
「君は、君の思うままに生きればいい」

「そうすればきっと、
皆が認めてくれる」

 
佐助との関わり合いを経て、
一歩ずつ成長していく日々。

無表情でクールな彼だけど…
知れば知るほど、
意外な一面が明かされる。

 
「わからないと諦めることは
簡単だけど…理解しようと
思って初めて見えることも
ある」

彼は好きなものに
ひたすら一途な、
情熱的な人だった。

 
「君がもっとこの時代を
好きになれるように、
『戦国講座』をしよう」

五百年前の暮らしを
純粋に愉しむ――
佐助のおかげで、
戦国時代が好きになれた。

ふたりで過ごすうちに、
自然と心の距離も
縮まっていくけれど――

 
光秀「本能寺の一件を
探っているときに、
面白い噂を聞きました」

秀吉「噂……?」

光秀「ああ。越後の龍と、
甲斐の虎が生きている―…と」

 
佐助が敵国の忍びだと知り、
彼のためにも、これ以上
逢うことは出来ないと
感じるあなた。

ひとりで前途多難な
戦国ライフを切り抜け
ようとするけれど…

 
「…わかったら、
ひとりで無駄に悩まず、
俺を呼ぶこと」

「っ…無駄って…」

「気を悪くしたなら言い直す。
君ひとりで悩むのは、
非効率だ」

「頼ってくれた方が、
俺も嬉しい」

 
不器用な佐助なりの表現―…
それは、真っ直ぐで
嘘のない、
優しい言葉たった。

 
(タイムスリップしてきた
時は、あんなに不安
だったのに…)

「佐助君のせいで、
楽しくなっちゃったじゃない」

「…?
それは、悪かった」

 
先の見えない激動の乱世でも、
彼がいれば生きていける―…

互いを大切に想う心が、
恋になるまでに
時間はかからなかった。

 
けれど―…ふたりの関係が
織田軍の武将たちに
知られてしまい…

政宗「っ……」

幸村「行くぞ!」

「○○さん、君も……!」

(あ……っ)

 
想い合う心も
伝えられないまま、
引き裂かれるふたり――

佐助は、あなたを守る
という誓いを胸に、
危険な賭けに出る。

 
「怪我は、ない?」

「私よりも、自分のことを
心配して……っ」

「俺には…
君より大切にしたいものが
ない」

「無事で良かった。
……守れて、
よかった」

傷つく佐助の姿に、
深い悲しみを抱く。

 
そんな折、運命のいたずらで、
彼がずっとあなたに隠して
いた秘密を知ることになり…

「自己分析を
してみたんだけど…
やっぱり、結論は
ひとつだった」

「結論って…?」

「俺は君が、
好きらしい。
それも……熱烈に」

 
佐助が与え続けてくれた
優しさの理由を知り、

これが運命の恋だと
気付く――

彼とふたりなら、
もう何も怖くない。

「きっと俺は、
君に出会ったあの日から
ずっと―…
君に惹かれてたんだと思う」

 
守り守られ、
頼り頼られ、
手と手を繋いで……

恋を武器に、
ふたりは戦国時代を
生き抜いていく。

 
本編ダイジェストPV↓

 
↓よろしければ応援ポチお願いします(^-^*)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す